諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

収納マイスターW資格取得講座の口コミ

収納マイスターW資格取得講座って?

収納マイスターW資格取得講座は諒設計アーキテクトラーニングで受講できる、収納マイスター整理収納インストラクターの二つの資格が取得できる講座です。

収納マイスターとは?
JLESA(日本生活環境支援協会)が主催する、収納に関する基礎知識を持ち、依頼に応じた生理・収納方法を的確に提案できる人に与えられる資格です。各場所やシーンに対応する収納術の知識が求められます。
整理収納インストラクターとは?
JIA(日本インストラクター協会)が主催する、収納に関する知識をを使い、自身やクライアントの求める空間をつくることができる人に与えられる資格です。資格習得後は収納に関する講師として活躍できます。

生活の中でモノの片づけに困ったことはありませんか?
うまく片付けられない。ものが多すぎて引き出しに入りきらない。片づけたはいいけれど、今度は何をどこに片づけたのか分からなくなってしまった。そんな困りごとはよくあります。
日常生活と収納は切っても切り離せない関係にあります。
上手な収納・整頓術を学ぶことは、生活を向上させるだけではありません。欲しいものが欲しいと思ったときにすぐに取り出せることで、散らかった部屋で浪費している無駄な時間を短縮できるようになるのです。

収納マイスターW資格取得講座の特徴

講座に関する所感

収納マイスターW資格取得講座では、隠す収納と見せる収納、押入れ収納のルールやアイデア、クローゼット収納のルールやアイデア、キッチンを整理する方法など、各部屋やシーンに応じた収納方法を学ぶことが可能です。

また、衣服の収納、靴の収納、本や雑誌の収納など、アイテムに応じた収納方法も同時に学べます。

こちらの講座には通常講座とスペシャル講座の2種類があります。二つの講座の違いは資格が習得できるか否か。スぺシャル講座では、卒業課題がついていて、 それを提出することで、資格試験を別途受験することなく資格を取得できるようです。
2つのコースの差額は2万円。収納マイスターと整理収納インストラクターの受験料がそれぞれ1万円づつかかるので、資格まできっちり欲しい人はスペシャル講座を受験した方がお得になる計算です。

どんな人が受講に向いているの?

家事の腕を上げたい人、上手く片付ける方法を知りたい人におすすめの資格です。
職業としては、インテリアや雑貨に関する仕事をしている人、ホームヘルパーとして勤務している人、インテリアコーディネーターをしている人におすすめです。

それ以外にも、主婦層を相手に営業を行う必要がある場合、収納術をちょっとした話の切り口や営業トークに上手く利用することが可能です。

収納は誰もが日常的に必要な作業になります。仕事に関係がない人でも、収納術を覚えることでディスク周りを使いやすいよう効率化させたり、部屋のインテリアを考えたりと、生活を向上させる良い機会になることでしょう。

独立開業など、お仕事に応用できる?

この講座は、どちらかといえば仕事として利用するよりも、日々の生活を向上させるのに役立つ講座になります。
しかしながら、ハウスキーパーやホームヘルパーを目指す人、ハウスメーカーなど住まいや暮らしに関係のある仕事の方には、仕事にも利用できる役立つ知識となります。

また、整理や収納のアドバイザーとして仕事を始めることも可能です。整理収納アドバイザーは、依頼主の話を聞き、家の状況を確認し、散らかってしまう原因を探り、アドバイスして悩みを解決する仕事になります。 アドバイザーとして独立している人は、主にインターネットやブログで集客をして仕事を行っているようです。

また、整理収納に関する講師として活躍している人もいます。資格を取得し知識をつけたら生徒を集めて、収納に関するカルチャースクールを開くことも可能です。

受講した感想と口コミ評判

先日、念願のマイホームを購入しました。新しい環境で部屋を散らかしたくなかったので、家事スキルの上達も兼ねて収納について勉強しました。本当に日常に役に立つことばかり書かれていたので、なるほどと納得しながら、さっそく実践して生活に役立てています。

家具を販売する仕事をしています。主婦のお客様と話す機会が多く、家具について説明する際に、片づけに関するアドバイスも一緒に行えるようになりたいと思って、この講座の受講を決めました。お客様との話のネタが広がったこと、また、自分の生活にも勉強した内容が実際に取り入れられることが良かったです。

片づけは好きなのですが、ものが上手く捨てられず、どうしても家の中がごちゃごちゃしてしまうのが気になっていました。自分の生活環境を改善したいのと、知人や友人にアドバイスができるようになれば良いなと思って、受講を決めました。 テキストの内容は、なるほどと納得できるようなことばかりでした。内容も分かりやすかったので、無理なく受講を終えることができました。

コンテンツ一覧