諒設計アーキテクトラーニング口コミ評判

ハウスクリーニングW資格講座の口コミ

ハウスクリーニングW資格講座って?

ハウスクリーニングW資格講座は諒設計アーキテクトラーニングで受講できる、ハウスクリーニングアドバイザークリーニングインストラクターの二つの資格が取得できる講座です。

ハウスクリーニングアドバイザーとは?
JLESA(日本生活環境支援協会)が主催する、掃除に関するプロの知識を持ち、状況に応じて最適な掃除方法の選択が行える人に与えられる資格です。ハウスクリーニングの基礎知識から各種掃除に必要な道具や洗剤の知識、掃除方法の知識が要求されます。
クリーニングインストラクターとは?
JIA(日本インストラクター協会)が主催する、掃除に関する広い知識と技術を持つ人に与えられる資格です。シーンに応じた掃除方法から害虫対策まで幅広い知識が要求されます。

日常生活と掃除は、切っても来てない関係です。
掃除機をかけたり雑巾で拭き掃除をするのは誰しも行えますが、エアコンや換気扇など普段はあまり掃除しない箇所の掃除方法や、しつこい汚れで困った経験はないでしょうか?
プロの清掃術を学ぶことで、シーンに合わせた最適な掃除方法を選択できるようになります。
掃除を行う場所の素材によっては、洗剤や掃除道具を選ばなければ大きな傷がついたり、かえって掃除箇所を痛めてしまう場合があります。
ハウスクリーニングの知識があれば、そういったトラブルを防ぎ、掃除についてのスペシャリストになることができます。

ハウスクリーニングW資格講座の特徴

講座に関する所感

ハウスクリーニングW資格講座では、掃除用具の選択方法、キッチンやトイレ、 リビングといった家庭内の各場所における最適な掃除方法、庭掃除や害虫対策について学ぶことが可能です。

各種道具を使ったプロのテクニックがテキストで分かりやすく学習できるので、学んだ後はすぐに実践することができます。

こちらの講座には通常講座とスペシャル講座の2種類があります。二つの講座の違いは資格が習得できるか否か。スぺシャル講座では、卒業課題がついていて、 それを提出することで、資格試験を別途受験することなく資格を取得できるようです。
2つのコースの差額は2万円。ハウスクリーニングアドバイザーとクリーニングインストラクターの受験料がそれぞれ1万円づつかかるので、資格まできっちり欲しい人はスペシャル講座を受験した方がお得になる計算です。

どんな人が受講に向いているの?

家事の腕を上げたい人、プロの掃除方法を学びたい人、ハウスクリーニングの仕事を開始したい人やその職に就いている人。家事代行業や引っ越しに関するお仕事をしている人におすすめの資格です。

掃除は日常生活に必ず必要になる技能です。掃除に関する知識をつけ、プロの清掃方法について学ぶことは、マイホームの価値を維持し、日常生活を豊にすることに繋がります。
ハウスクリーニングの仕事を行わなくても、こうした知識を身に着けていることで、掃除に関するアドバイザーとして活躍することも可能となります。

独立開業など、お仕事に応用できる?

ハウスクリーニングは、独立開業に向いた仕事です。
なぜ独立開業しやすいかといえば、他の職種に比べると開業資金が少なくてすむからです。もちろん、道具を購入する必要はありますが、ハウスクリーニングに必要な道具はそこまで高くはありません。開業してチャレンジしやすい業種でしょう。
また、ハウスクリーニングにはフランチャイズも多く存在します。そういったフランチャイズに加盟するにはある程度の開業資金を用意する必要がありますが、有名な看板を背負えるので顧客を獲得しやすくなります。

ハウスクリーニンングは、引っ越しの際に行うものと、人が生活している場に伺ってエアコンや換気扇などの掃除を行う場合があります。ハウスクリーニングの価格は業者によって様々ですが、エアコン1台で大体1万円前後。道具を一度揃えれば、 あとは消耗品の購入と交通費だけで仕事ができるので、契約をたくさんとることができる人であれば、かなりの稼ぎを得ることができるでしょう。

受講した感想と口コミ評判

掃除が好きで、プロの掃除方法を学びたくて受講しました。テキストで学んだことをさっそく試してみると、以前よりずっと上手く掃除できるようになりました。 将来はハウスクリーニングの仕事か、家事代行業で独立できるようになりたいと思っています。

ハウスクリーニングの仕事を始めたいと考えています。 ハウスクリーニングは資格がなくても始められる仕事ですが、お客様に少しでも信頼してもらえるよう資格を取得したいと思いました。 テキストが分かりやすく、既に知っていた知識でも、ちゃんと整理してより深く理解できたのは良かったと思います。

清掃に関する仕事をしています。今まで関係する資格を持っていなかったのですが、いつかは独立したいと考え、資格の取得に踏み切りました。実際の業務と結びついている内容であったため、テキストの内容はすんなりと頭にはいってきました。
図解付きでとても理解しやすい内容でした。仕事をしながらでも、無理なく資格を得ることができます。

コンテンツ一覧